フローリング補修ならウッドリペア東海にお任せください。

100年前の家具も再生・修復

ウッドリペアとは

ウッドリペアとは、アメリカで100年以上前に生まれた、木製製品を修復するための技術のことで、主に家具・柱時計・絵画の額縁などを再生・修復するのに使われてきました。 現代ではフローリングの補修や、柱・階段など家の内部の木部の傷みを修復したり、古いアンティークの家具を修理・再生するといった技術に発展しています。 特に価値の高いアンティーク家具の補修については扱える業者が限られており、単なる調色技術だけではない高い専門性が求められます。 ウッドリペアならアンティークの色合いをそのまま再現できる高い調色技術で、大切な家具の損傷を限りなくオリジナルへ近い状態にまで再生・修復することが可能です。 リペアは取り替えたり買い替えたりすることがないのでコスト面でも優れていますが、今あるものを大切に使えるというエコの観点からも評価が高まってきています。

  • ①新築物件でのフローリング補修
    新築物件で必ず行われる施主検査ですが、うっかり検査前にフローリングやドアパネルなどに傷をつけてしまったりする ことがあります。
    そういった際の木部補修ならウッドリペアにお任せ下さい!
  • ②引越しの際の原状回復
    賃貸物件での引越しの場合は原状回復が基本となりますが、住んでいる間に子供やペットが汚してしまった・破損が 見つかったというのはよくあること。
    こういった場合でもウッドリペアなら、フローリングや階段などをすっかり元の状態に戻すことができます。
  • ③家具の補修・再生
    高価なアンティーク家具や代々使われてきた調度品などの再生・修復は、木製製品に精通した技術者などでないと 難しいもの。
    ウッドリペアの職人技ともいえる調色技術で、大切な家具のカケや傷を直し、微妙な色合いを再現します。

最近では日本でも様々なリペア技術が浸透しつつあり、建築物件のフローリング補修などを行う業者が出てきています。
しかし、現在多く利用されている技術のほとんどは、フローリングや建具などの一部にしか対応できないものが多く、補修の幅が限られています。
トータルサービスが提供するウッドリペアの技術なら、フローリング補修や建築物件のリペアだけでなく、家具や印刷合板・硬質レザー・陶磁器※など様々なものに応用が可能で、修復の幅が広いので安心してお任せいただけます。
※陶磁器の修復は小さなキズ程度のものとなります。大きなヒビ割れ、カケなどは対象外となります。

フローリング補修やアンティーク家具の再生に欠かせない調色技術。
ウッドリペアでは優れた調色技術により、白木はもちろん、メイプル・マホガニー・ウォルナットといった様々なカラーや木質に対応可能です。
日本・海外を問わずあらゆる木材のカラーに精通したレベルの高い職人による作業で、すべての木の基本色に対応しています。
アンティークの年代物など、一般の修理業者では断られてしまった、かなり古いから…とあきらめていた家具の補修なども、お気軽にご相談下さい!

ウッドリペアの施工事例

  • ■家具(カケ)家具(カケ)施工前後
  • ■フローリング(焦げ)フローリング(焦げ)施工前後
  • ■ハンドル(色あせ)ハンドル(色あせ)施工前後
  • ■家具足(欠損)家具足(欠損)施工前後
  • ■作業工程作業工程施工前後